メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

洋上風力発電のプロ育成 長崎大に国内初「海洋アカデミー」

テープカットする坂井理事長(中央)ら=中山敦貴撮影

 洋上風力発電の設計開発や運転管理などを専門的に指導する国内初の教育機関「長崎海洋アカデミー」が1日、長崎市の長崎大文教キャンパスに開設される。民間企業の技術者らを対象に講座を開き、5年間で約1500人の風力発電のエキスパート養成を目指す。【中山敦貴】

 政府は2014年、洋上風力発電を含む海洋再生可能エネルギーの実用化・普及に向け、五島市、西海市の3海域などを、実証実験のための「実証フィールド」に選定。県内外のエネルギー関連企業などもこの動きを好機と捉え、選定に先立ち、NPO法人「長崎海洋産業クラスター形成推進協議会」(約70社)を組織して事業化への準備を進め…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです