宮城県気仙沼市の離島・大島選んだ決め手は? 空き家活用、テレワーク追い風

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
休日に改修を進めている自宅の外壁を見渡す平松さん。奥には新調したウッドデッキも=宮城県気仙沼市で2020年9月24日、深津誠撮影
休日に改修を進めている自宅の外壁を見渡す平松さん。奥には新調したウッドデッキも=宮城県気仙沼市で2020年9月24日、深津誠撮影

 宮城県気仙沼市の離島・大島に移住し、テレワークで元の仕事を続けている男性がいる。購入した古民家を自ら改修し、今年5月から住み始めた新潟市出身の設計士、平松拓自さん(31)。長年の希望だった田舎暮らしの場として、大島を選んだ理由は「ちょうどよい物件が見つかったから」。自身の経験から、移住者を受け入れるには魅力的な住居の提供がカギと実感し、島の空き家を活用して高齢化や人口減が進む地域の活性化を図りたいと考えている。【深津誠】

 平松さんは2014年、東北大大学院を卒業し東京の大企業に就職したが、17年に仙台市の設計事務所に転職した。古民家の再生を得意とする事務所で、「住宅のストックは過剰で、新築の必要はない」という自身の考えに近い仕事ができると感じた。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1477文字)

あわせて読みたい

注目の特集