連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

落語で人情伝えたい 美濃部由紀子さんに聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「馬生・志ん朝二人会」の楽屋でくつろぐ十代目金原亭馬生(右)と古今亭志ん朝(左)=東京都文京区の文京公会堂で1975年1月
「馬生・志ん朝二人会」の楽屋でくつろぐ十代目金原亭馬生(右)と古今亭志ん朝(左)=東京都文京区の文京公会堂で1975年1月

 「今自分ができることとして『落語 キャラクター絵図』という本を執筆しました……」。

 美濃部由紀子さんから、こんなメールをいただいた。落語のネタやその背景を紹介する本はこれまで山ほど出ているので、失礼ながら、大きな書店で立ち読みして済まそうかと思っていたら、わかりやすくて面白いので、読んでから親戚にプレゼントしようと購入した。落語を聞いてから辞書のように引くこともできる。

 落語で美濃部さん、と聞いて、気がつく人は気がつくはず。古今亭志ん生、長男の先代(十代目)金原亭馬生、次男の古今亭志ん朝……。みな本名は美濃部さんだ。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1641文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集