「大須演芸場」落語の定席 8カ月ぶり再開 名古屋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
定席寄席が再開し、にぎわう大須演芸場=名古屋市中区で2020年10月1日、兵藤公治撮影
定席寄席が再開し、にぎわう大須演芸場=名古屋市中区で2020年10月1日、兵藤公治撮影

 東海地方で唯一の常設寄席小屋、大須演芸場(名古屋市中区)で1日、落語の定席が8カ月ぶりに再開した。新型コロナウイルスの影響で毎月の自主興行が3月から中止に。亭号を「雷門」から4月に「登龍亭」に改めた名古屋の落語家一門のお披露目興行に観客100人あまりが詰めかけ、小屋に笑い声がはじけた。

 講談師の旭堂鱗林(りんりん)さんの「や…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集