メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今を生きる、今を書く

/1 スポーツ文化の未来を見据える今=町田樹

国学院大助教の町田樹さん=東京都千代田区で2020年8月28日、内藤絵美撮影

 なぜ、人間はこうも飽きず、スポーツに夢中になれるのだろうか――。今、手元に国内5大新聞があるが、それらのどれを開いても必ずスポーツ面が組み込まれており、スポーツという文化がいかに深く人間の生活に浸透しているかが一目瞭然となる。当然、世界各地の主要新聞を見渡しても、同様であることは言うまでもない。

 しかし、それもそのはずだ。なにせ人間とスポーツの歴史は古代までさかのぼれるのだから、もはや飽きる飽きないの次元で語るべきではない悠久の文化なのだろう。それはきっと、この先の将来も変わることがない。

 とはいえ、文化(culture)とは、その語源が「耕…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです