特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JFE西日本とJR西日本が決勝T進出 都市対抗中国2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR西日本-伯和ビクトリーズ】2番手で登板し、4回3分の1を無失点と好投したJR西日本の加賀美希昇=2020年10月1日、安田光高撮影
【JR西日本-伯和ビクトリーズ】2番手で登板し、4回3分の1を無失点と好投したJR西日本の加賀美希昇=2020年10月1日、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は1日、東広島市の東広島アクアスタジアムでリーグ戦3試合を行い、JFE西日本とJR西日本が決勝トーナメント進出を決めた。

 A組は、JFE西日本が4番・綿屋樹の先制3ランなどで、ツネイシブルーパイレーツに4―3で辛勝。3戦全勝で1位通過した。ツネイシブルーパイレーツは1分け2敗で敗退した。

 B組はJR西日本が伯和ビクトリーズとの打撃戦を制し、2連勝となった。伯和ビクトリーズは1勝1敗。今季限りで再編される三菱重工広島は新人・桜井涼の3点二塁打などで光シーガルズに6―4で逆転勝ち。1勝1敗の五分に戻した。2敗の光シーガルズは敗退が決まった。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文595文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい