メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注文通りのスクイズ、甲斐決める 「とにかくつなぐ」タカ打線、しぶとく逆転劇

七回表ソフトバンク1死三塁、甲斐のスクイズで栗原が勝ち越しの生還。捕手・下妻=楽天生命パーク

 先発の岸にわずか1安打に抑えられていた。重苦しい雰囲気の中、ソフトバンクは0―1の七回に登板した2番手の松井に食らいつく。1死一塁で栗原が「つなぐ意識を持って」と低めのスライダーをバットに乗せて右中間を破り、同点。本塁送球間に三塁を陥れ、続く甲斐のバントで頭から滑り込み生還する。鮮やかなスクイズで勝ち越した。

 甲斐への2球目の速球が大きく高めに抜けたのを、工藤監督は見逃さなかった。次の球は「ああいうボール球は投げないだろうと。ストライクゾーン近辺に変化球が来るのでは」と投手心理を読み切り、サインを出す。注文通りに変化球を投前に転がした甲斐は「スクイズを決めることができて、勝ち越せたのも大きかった」と息をついた。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです