メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三社祭、大きく様変わり 10月開催/規模縮小/トラック「御用車」で巡行 コロナ終息、願い込め /東京

三社祭の宮出しで神輿を担いで練り歩く参加者たち。今年はこうした光景は見られない=東京都台東区で2019年5月、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの影響で、初夏の浅草を彩る浅草神社(台東区)の三社祭が今年は大きく様変わりする。祭りは10月中旬に延期され、神輿(みこし)は担がずにトラックの「御用車」に載せて巡行する。感染拡大防止のため規模を縮小、短縮して開催する。

 三社祭は浅草寺を創建したとされる人々をたたえるため、14世紀初頭に始まったとされる。神輿を担いで練り歩くなどする。国内でも屈指の知名度を誇る祭りだ。

 今年は当初、5月15~17日の3日間に予定されていたのを、10月17、18日に延期、短縮する。約300人の芸者や浅草伝統芸能に携わる人たちが主要道路を練り歩く「大行列」や44町会の神輿約100基がおはらいを受けて町会を歩く「町内神輿連合渡御」は取りやめる。代替措置として、18日にトラックを紫色の幕などで装飾した御用車の荷台に宮神輿の「一之宮」を載せ、太鼓やお囃子(はやし)、人力車に乗った宮司らと…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです