メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

年金減額訴訟で控訴審初弁論 名古屋高裁 /岐阜

 年金の減額や増額幅の抑制は生存権を侵害し違憲だとして、岐阜県などの受給者365人が国に差額分計約550万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が9月29日、名古屋高裁(始関正光裁判長)であり、原告の男性(76)が「低年金の生活困窮者には生活保護があるとした地裁判決に納得できない」と意見陳述した。

 3月の1審岐阜地裁判決は「憲法は高齢者の所得保障を年金のみで実現すべきだと規定しておらず、生活保護などもあり得る」として請求を棄却していた。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです