メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/9 助産院の魅力とは 寄り添ってもらえる安心感 /愛知

家庭的な雰囲気のかとう助産院。家族の宿泊も可能だ=愛知県半田市で2020年9月15日、町田結子撮影

 予定日まで1カ月となり、出産についてイメージしたり、前回の体験を思い出したりすることが多くなった。期待と不安が入り交じる、何とも言えない気持ちだ。

 3年前の長女の出産時と大きく違うのは、地元の助産院で産むこと。41歳という高齢出産ながら、医師がいる病院ではなく助産師さんにお世話になろうと思った理由はいろいろあるが、調べてみると私のような妊婦は少なくないようだ。

 春から通っている「かとう助産院」(愛知県半田市)では、年間30人前後の赤ちゃんが産声をあげる。代表で助産師の加藤朋子さん(54)によると、2008年の開業当初からその数はほとんど変わっていないという。県助産師会によると、こうした分娩(ぶんべん)も扱う助産所は県内に16施設(19年4月現在)。政府の統計によると、近年は減少傾向にあるものの、全国では計379施設(18年度)に上る。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです