メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/9 助産院の魅力とは 寄り添ってもらえる安心感 /愛知

家庭的な雰囲気のかとう助産院。家族の宿泊も可能だ=愛知県半田市で2020年9月15日、町田結子撮影

 予定日まで1カ月となり、出産についてイメージしたり、前回の体験を思い出したりすることが多くなった。期待と不安が入り交じる、何とも言えない気持ちだ。

 3年前の長女の出産時と大きく違うのは、地元の助産院で産むこと。41歳という高齢出産ながら、医師がいる病院ではなく助産師さんにお世話になろうと思った理由はいろいろあるが、調べてみると私のような妊婦は少なくないようだ。

 春から通っている「かとう助産院」(愛知県半田市)では、年間30人前後の赤ちゃんが産声をあげる。代表で助産師の加藤朋子さん(54)によると、2008年の開業当初からその数はほとんど変わっていないという。県助産師会によると、こうした分娩(ぶんべん)も扱う助産所は県内に16施設(19年4月現在)。政府の統計によると、近年は減少傾向にあるものの、全国では計379施設(18年度)に上る。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです