メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おむつ定期便」開始 明石市、0歳児見守り事業で /兵庫

母親に抱かれた赤ちゃんの様子を尋ねながら紙おむつを手渡す支援員(右)=兵庫県明石市で、浜本年弘撮影

 明石市は1日、赤ちゃん用品の無料宅配を通じた0歳児の見守り事業「おむつ定期便」を始めた。市から業務を受託した生活協同組合コープこうべの見守り支援員が、市内の乳児約2900人に紙おむつや粉ミルクなどを届け、乳児や保護者の様子を見守る。

 定期便は保護者が選んだ品物(1回3000円相当)を生後3カ月から満1歳の誕生月まで毎月、計10回届ける。8人の支援員が専用車で運び、対面で手渡す。

 支援員は子育て経験があり、事前に保護者との対話を想定したロールプレーイングなどの研修を受けた。家計支援にとどまらず、子育て情報の提供、心配事や悩みの聞き役も担う。配達時の様子を記録して市の担当部署が点検、児童虐待の防止につなげる狙いもある。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです