メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物愛護寄付金問題 「殺処分ゼロ、実績で信頼を」 和歌山市長、新たに協議会設置へ /和歌山

 犬猫の殺処分ゼロを目指して和歌山市がインターネットで募った寄付金について、市側が目的外使用と受け取られる誤った議会答弁をした問題で、尾花正啓市長は市議会9月定例会最終日の1日、「失った信頼は(殺処分ゼロへの)実績を積み上げることでしか取り戻せない」と決意を述べた。

 その上で、寄付金を含めた予算管理が不十分だったとして、市動物愛護管理センターの体制を強化す…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです