メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺市に成年後見支援施設 市民総合センターに開設 /和歌山

権利擁護センターたなべの前でテープカットをする真砂充敏市長(中央)ら=和歌山県田辺市高雄1で、竹内之浩撮影

 認知症や知的障害で判断能力が不十分な人の財産管理などを支援する成年後見制度の利用を促すため、田辺市は1日、市民総合センター(同市高雄1)に「権利擁護センターたなべ」を開設した。市によると、県内の同種施設は白浜町に続いて2例目という。

 センターには社会福祉士の国家資格を持つセンター長ら6人を配置。後…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです