メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田辺市に成年後見支援施設 市民総合センターに開設 /和歌山

権利擁護センターたなべの前でテープカットをする真砂充敏市長(中央)ら=和歌山県田辺市高雄1で、竹内之浩撮影

 認知症や知的障害で判断能力が不十分な人の財産管理などを支援する成年後見制度の利用を促すため、田辺市は1日、市民総合センター(同市高雄1)に「権利擁護センターたなべ」を開設した。市によると、県内の同種施設は白浜町に続いて2例目という。

 センターには社会福祉士の国家資格を持つセンター長ら6人を配置。後…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです