メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大地彩るソバの花 かつらぎで見ごろ /和歌山

ソバの白い花が一面に咲いている=和歌山県かつらぎ町の天野地区で、藤原弘撮影

 世界遺産の丹生都比売(にうつひめ)神社のあるかつらぎ町天野地区で、住民団体「天野の里づくりの会」が育てているソバが白い花を咲かせ、見ごろとなっている。同会によると、10月中旬ごろまで楽しめそうだという。

 同会は地区内5カ所ほどの計70アールでソバを栽培している。同神社北の約10アールの畑では、白い…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです