メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語教育の先駆者・浅田栄次、母校で顕彰 徳山小に資料展示 /山口

徳山小に設置された浅田栄次の関連資料の展示コーナー

 周南市出身で英語教育の先駆者、浅田栄次(1865~1914年)に関する資料の展示コーナーが、母校の市立徳山小(当時・桜馬場小)に設置された。浅田の業績を広く知ってもらおうと、地域住民にも公開している。

 浅田は徳山藩士の長男として生まれた。帝国大学に進んだが、聖書研究を志して退学し単身渡米。シカゴ大で初の博士号を受け、帰国後は東京外国語学校(現・東京外国語大)の教務主任を務めた。明治の英語教育の基盤をつくり、多くの教師を育てる一方、世界共通語として欧州で考案された「エスペラント」の普及にも寄与したと…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです