メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、初の終日停止 機器故障、予備も動かず けさ再開予定

システム障害による終日売買停止について謝罪する東京証券取引所の宮原幸一郎社長(中央)ら=東京都中央区で1日午後4時半、宮間俊樹撮影

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害の発生により全銘柄の株式売買を終日停止した。東証が売買を終日停止するのは初めてで、世界有数の証券取引所が停止する異例の事態に至った。同じシステムを使う札幌、名古屋、福岡の各証券取引所も同様に停止した。東証は機器の故障が原因で、バックアップのシステムも作動しなかったと説明。国の基幹インフラの脆弱(ぜいじゃく)さが浮き彫りになった。2日朝から通常通り取引を再開する予定。

 東証の宮原幸一郎社長は1日開いた記者会見で「多くの市場関係者、投資家に多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです