メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米大統領選 分断か和解か

 

 11月3日に投開票される米大統領選まで約1カ月。トランプ大統領の就任後、ワシントン政界の分断は加速を続けてきた。黒人への警察による暴力も相次ぎ、抗議デモや暴動は全米各地に飛び火し、社会のきしみも顕著だ。大統領選は米国をどこに導くのか。米国の現状と行方について米国史の専門家2人に尋ねた。【ワシントン古本陽荘】

 米国の分断ぶりに懸念の声が広がっているが、米国はこれまでも多くの分断の時代を経てきた。おそらく最も激しく分裂したのは、奴隷制などを巡る争いが南北戦争に発展した19世紀半ばだろう。近年では1960年代後半にベトナム戦争を巡って社会が真っ二つになった。

この記事は有料記事です。

残り3680文字(全文3960文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです