生物多様性保全訴え 国連、オンラインサミット

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで開かれた国連の生物多様性サミットにビデオ演説で参加する小泉環境相=9月30日、国連提供・共同
オンラインで開かれた国連の生物多様性サミットにビデオ演説で参加する小泉環境相=9月30日、国連提供・共同

 森林減少や種の絶滅といった生物多様性の損失を防ごうと、世界各国の首脳級による国連の会合が9月30日、オンラインで開かれた。来年5月に中国で開く生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の交渉で、2030年までの意欲的な保全目標策定につなげる狙いがあり、各国が対策を強化する重要性を確認した。

 「生物多様性サミット」と名付けられた会合で、国連のグテレス事務総長は、新型コロナウイルスなど動物由来の感染症が広がるのは、人間が自然を損ない生態系との間のバランスを崩したからだと指摘…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集