メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の眼

食と“触”文化=点字毎日記者・佐木理人

 中学生の頃に失明した私は、大阪の中学校から東京にある盲学校の高等部に進み、寮生活を始めた。全盲の同級生たちから、目が見えない中での工夫をいろいろ伝授された。

 特に食べることについてが多かった。寮の夕食は、午後5時。空腹で夜食に袋麺をよく食べた。そんな袋麺を一人で買いに行った際、店頭の商品の表示が見えなくても触れば判別できるものが二つあると教わった。一つは、日清の「チキンラーメン」。粉末スープの小袋が入っていないのが手掛かりになった。もう一つは、「明星チャルメラ」しょうゆ味だ。当時としては珍しく、麺のかたまりが丸いのが特徴だった。自力で分かるのがうれしかった。そうして「食文化」ならぬ「触文化」を探求していった。

 今では、アルコール飲料の缶やジャムの瓶、ソースの容器などに点字が付いている。とはいえ、ビールも酎ハイも点字は「おさけ」とだけ表示され、ジャムやソースの種類は書かれていない。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです