入管制圧で骨折、和解 国謝罪、トルコ人に300万円 大阪地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪出入国在留管理局の収容施設で、ムラット・オルハンさんが職員に制圧される様子が映った監視カメラ映像=弁護団提供
大阪出入国在留管理局の収容施設で、ムラット・オルハンさんが職員に制圧される様子が映った監視カメラ映像=弁護団提供

 大阪出入国在留管理局(大阪市住之江区)で収容中、職員に押さえつけられて右腕を骨折したとして、トルコ人男性のムラット・オルハンさん(36)が国に約4200万円の賠償を求めた訴訟は、大阪地裁で和解が成立した。職員の制圧行為で骨折したことを認めて国が謝罪し、解決金300万円を支払う内容。再発防止策として、「収容者の人権を尊重しつつ、より一層適正な処遇を行うよう努めることを確認する」との文言も盛り込まれた。

 和解は9月29日付。訴状などによると、オルハンさんは2015年1月に来日。以前、不法滞在で国外退去処分となっていたため、入管施設に収容された。17年7月、薬を飲んだことを確認するため、職員から「あーんして」などと口を開けさせられたことに腹を立て、本を壁に投げつけた。職員は7、8人がかりでオルハンさんを保護室へ連行。床に転倒させて腕をねじり上げ、後ろ手に手錠をかけて約10分間拘束した。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集