メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証が売買再開、株価は上昇 札幌、名古屋、福岡も取引再開

 東京証券取引所は2日、前日にシステム障害で終日停止した株式全銘柄の売買取引を午前9時から再開した。日経平均株価は取引が終日停止する前の9月30日終値に比べて一時180円超上昇。国内の証券市場が機能不全に陥る事態はひとまず解消され、復旧を好感する値動きとなった。東証と同じシステムを使う札幌、名古屋、福岡の各証券取引所も取引を再開した。

 システム障害は、取引のシステム運用に必要な情報を記録する共有記録装置(メモリー)の故障が原因で、東証は同装置を交換して2日の取引再開に臨んだ。午前11時現在の日経平均株価は、9月30日終値に比べて28円72銭高の2万3213円84銭。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです