特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

浅草・三社祭大きく様変わり 規模縮小、神輿はトラックに載せて 10月開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三社祭の宮出しで神輿を担いで練り歩く参加者たち。今年はこうした光景は見られない=東京都台東区で2019年5月、北山夏帆撮影
三社祭の宮出しで神輿を担いで練り歩く参加者たち。今年はこうした光景は見られない=東京都台東区で2019年5月、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの影響で、初夏の浅草を彩る浅草神社(東京都台東区)の三社祭が今年は大きく様変わりする。祭りは10月中旬に延期され、神輿(みこし)は担がずにトラックの「御用車」に載せて巡行する。感染拡大防止のため規模を縮小、短縮して開催する。

 三社祭は浅草寺を創建したとされる人々をたたえるため、14世紀初頭に始まったとされる。神輿を担いで練り歩くなどする。国内でも屈指の知名度を誇る祭りだ。

 今年は当初、5月15~17日の3日間に予定されていたのを、10月17、18日に延期、短縮する。約300人の芸者や浅草伝統芸能に携わる人たちが主要道路を練り歩く「大行列」や44町会の神輿約100基がおはらいを受けて町会を歩く「町内神輿連合渡御」は取りやめる。代替措置として、18日にトラックを紫色の幕などで装飾した御用車の荷台に宮神輿の「一之宮」を載せ、太鼓やお囃子(はやし)、人力車に乗った宮司らと…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文510文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集