メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「黒い雨」の援護対象区域再検証 「国が広島市・県に参加要請」

広島市役所=広島市中区で2019年4月5日、寺岡俊撮影

 広島への原爆投下後に降った「黒い雨」の援護対象区域を巡り、広島市の松井一実市長は2日、国から、援護区域の拡大も視野に入れた再検証の場に市と広島県も参加するよう要請があったことを明らかにした。援護区域外で雨を浴びた住民ら84人に被爆者健康手帳を交付するよう命じた7月の広島地裁判決を受け、市と県は国に…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 社説 「桜」前夜祭の費用補塡 安倍氏の責任は免れない

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです