特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

「PLの名に恥じないよう」 ヤマハ・前野幹博、誓い胸に 都市対抗東海2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【三菱自動車岡崎-ヤマハ】三回表ヤマハ1死、前野が右越え本塁打を放つ=愛知県・岡崎市民球場で2020年10月2日、兵藤公治撮影
【三菱自動車岡崎-ヤマハ】三回表ヤマハ1死、前野が右越え本塁打を放つ=愛知県・岡崎市民球場で2020年10月2日、兵藤公治撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は2日、愛知県の岡崎市民球場で第3代表決定戦があり、ヤマハが14―2で三菱自動車岡崎に大勝し、2年連続41回目の本大会出場を決めた。

 いつも胸におく誓いがある。「PLの名に恥じないように」。チームの本大会出場に貢献した選手に贈られる「優秀選手賞」の獲得も、この誓いの延長線上にあった。

 ヤマハの4番・前野幹博は三回、1死から高めのチェンジアップを完璧に捉えた。「風に乗ってくれた」打球は、中堅フェンスまで126メートルと広大な球場の右中間席へ一直線。一回は先制の犠飛、八回には適時三塁打を放ち、2安打3打点で堂々の優秀選手賞をもらった。本大会につながる一戦に「この勢いを本戦でも」と意気込んだ。

 2016年夏の大阪大会を最後に休部状…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文737文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る