特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR西日本、逆転で光シーガルズ降す 決勝T進出4チーム決定 都市対抗中国2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【光シーガルズ-JR西日本】八回裏JR西日本2死、代打・鳥居丈寛が右越えソロ本塁打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月2日午後5時41分、安田光高撮影
【光シーガルズ-JR西日本】八回裏JR西日本2死、代打・鳥居丈寛が右越えソロ本塁打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月2日午後5時41分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は2日、東広島市の東広島アクアスタジアムでリーグ戦残り3試合を行い、決勝トーナメント進出4チームが決まった。

 B組は、今季限りで再編される三菱重工広島が終盤の集中打で伯和ビクトリーズを5―1で降して2勝1敗で2位通過。1勝2敗の伯和ビクトリーズは敗退した。JR西日本は光シーガルズに5―3で逆転勝ちし、3戦全勝の同組1位で決勝トーナメントに進んだ。

 A組は三菱自動車倉敷オーシャンズが2―1でシティライト岡山との接戦を制し、1勝1敗1分けの同組2位で7年ぶりにリーグ戦を突破した。前回本大会に初出場したシティライト岡山は1勝2敗で敗退した。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文650文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい