メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤れんがのとなりから

「核ごみ調査」で揺れる道内 「20億円」は多すぎる /北海道

 「核のごみ」と聞くと、初任地・青森での25年前の光景を思い出します。

 1995年4月、フランスに処理を委託した高レベル放射性廃棄物を積んだ輸送船が、青森県六ケ所村の港に着きました。当時の県知事が「青森が最終処分地にならない確約がない」と言い出し、船の接岸を一時拒否。紛糾の末、翌日に「ガラス固化体」と呼ばれる核のごみが初搬入されました。固化体は高温です。花冷えの雨の中、トレーラーで運ばれる輸送容器から湯気が上っていました。

 そんな経験ゆえか、私の核のごみに対する意識は、道内の一般の方とは違うかもしれません。北海道に最終処分場を造ってほしくない気持ちは分かります。ただ、「日本全国が拒否したら、青森はどうなるのか」と不安になるのです。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです