40市町村の魅力、カードゲームに 八戸の大山さん開発 特産品・偉人・祭り /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森を題材にしたカードゲームを紹介する開発者の大山知希さん=青森市長島の青森県庁で2020年10月2日、江沢雄志撮影
青森を題材にしたカードゲームを紹介する開発者の大山知希さん=青森市長島の青森県庁で2020年10月2日、江沢雄志撮影

 ゲームを通じて県内各地域の魅力を知ろうと八戸市の男性と同市のデザイン会社が共同で、県内全40市町村の特徴などが描かれた絵合わせカードゲーム「あおもりアッテラ!」を開発した。10日からインターネットなどで販売する。

 ゲームを発案したのは八戸市在住で、ツイッターで同市の情報発信に取り組む「はちつぶ」代表の大山知希さん(45)。以前から、家族で遊べる青森を題材にしたカードゲームを作…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集