東日本大震災

震災で犠牲の姉、小説に 石巻の中1・佐藤珠莉さん 「再会」し互いに幸せ願う物語 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地域誌「石巻学」に掲載された、佐藤珠莉さんが書いた小説「真っ白な花のように」
地域誌「石巻学」に掲載された、佐藤珠莉さんが書いた小説「真っ白な花のように」

 9年半前の東日本大震災で犠牲になった姉をモチーフに、石巻市の中学1年、佐藤珠莉さん(13)が小説を書いた。9月10日発売の地域誌に掲載された。自身をモデルにした少女が亡き姉と「再会」し、互いに幸せを願う物語。珠莉さんは「家族がいるのは当たり前じゃないと伝えたい。周りの人や家族を大切にしてくれたら」と話す。

 タイトル「真っ白な花のように」は、幼稚園児だった姉愛梨ちゃん(当時6歳)が見つかった場所に咲いたフランス菊の花にちなんだ。今春、約1カ月をかけて書き上げた短編だ。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文755文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集