2管測量機愛称「あおばずく」に 海保で初導入 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仙台航空基地に海上保安庁で初めて導入される測量機「あおばずく」(第2管区海上保安本部提供)
仙台航空基地に海上保安庁で初めて導入される測量機「あおばずく」(第2管区海上保安本部提供)

 第2管区海上保安本部(塩釜)の仙台航空基地に、海底の地形調査などを主任務とする測量機が海上保安庁で初めて導入されることになり、愛称が「あおばずく」に決まった。

 2管によると、あおばずくはレーザーで水深が浅い海域を効率的に測量でき、2020年度内に就役予定。「あおば」は「青葉城」の別名で知られる仙台…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集