大崎で「ささ王」決定戦 全国から出品、食味競う /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4回目の「ささ王」決定戦のチラシ=宮城県大崎市提供
4回目の「ささ王」決定戦のチラシ=宮城県大崎市提供

 ササニシキと後継のブランド米「ささ結(むすび)」発祥の大崎市で、生産農家がササニシキ系のコメの出来栄えを競う「『ささ王』決定戦」が開かれる。新型コロナウイルスの影響で実りの秋の需要減少も懸念されるため、市農林振興課の担当者は「新米の時期に消費拡大と販売促進を目指す」と意気込んでいる。

 大会は農協などで作る「ささ結」ブランドコンソーシアムと市が主催し、今年で4回目。29日まで全国から出品を受け付け、11月…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集