台風19号 災害関連死1人 丸森町が初認定 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 丸森町は2日、昨年10月の台風19号に被災し亡くなった町民1人を、9月10日付で災害関連死と認定したと明らかにした。県内の関連死認定は初めてで、死者は計20人となった。

 性別や年齢、亡くなった経緯は遺族の意向を踏まえて非公表。町が設置し、副町長や医師など計5人で構成される審査委員会で、医師の診療記録などを基に災害との因果関係が認められると判断したという。町によると、現時点で申し立てがあったのは1件のみ。【藤田花】

あわせて読みたい

注目の特集