メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

営農再開、希望のコメ 大熊で初収穫 /福島

福島県大熊町の帰還困難区域の田んぼで稲刈りをする町農業委員会のメンバー

 福島第1原発が立地する大熊町で1日、町農業委員会のメンバーらが、帰還困難区域内の試験栽培の田んぼで稲刈りをした。将来の営農再開へ向けた、放射性物質濃度のデータ収集が目的。県によると、原則立ち入り禁止の同区域では初めてのコメの収穫。

 田んぼは原発から約5キロ南西にある約900平方メートル。2年後の避…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです