メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風被害とコロナ、複合災害備えよう 千葉大で24日、公開シンポ /千葉

 千葉大学は24日午前9時半から、同大学ゐのはな記念講堂(千葉市中央区亥鼻)で、公開シンポジウム「台風被害とコロナ禍の複合災害に備える防災の最前線」(国立大学協会共催、千葉市・いすみ市など後援)を開く。

 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、近年多発する台風や地震などの自然災害が発生すると、被害がより大きくなることが想定されるため、専門家らと一般市民が一緒に災害に強い街づくりを考えようと企画された。

 シンポは午前と午後の2部制。誰でも参加できるが、午前の部は専門的・学術的な内容となる。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです