メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹後美術工芸展開幕 5部門の力作229点 あすまで /京都

陶芸部門の力作を鑑賞する来場者たち=京丹後市大宮町口大野の市大宮社会体育館で2020年10月2日午後0時14分、松野和生撮影

 第31回丹後美術工芸展(丹後文化芸術祭実行委員会、同展推進委員会主催、府後援)が2日、京丹後市大宮町口大野の市大宮社会体育館で始まった。日本画、洋画、写真、陶芸、能面の5部門に分け、丹後地域のアマチュア133人による力作計229点が並ぶ。4日まで。同日午後3時から会場で入賞者の表彰式がある。

 復活した能面部門(9人、23点)や、陶芸部門(47人、77点)を中心に、出展作品は前回(95人、137点)を大き…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです