メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/539 東高野街道/35 /大阪

心落ち着く巽参道=東大阪市出雲井町で2020年9月28日、松井宏員撮影

 ◆東大阪市 貫禄、格式 迫りくる参道

 大坂夏の陣で徳川家康が本陣を置いた中村四郎右衛門宅址から東へ進み、近鉄電車の線路に沿って南下すると、石鳥居が現れる。河内国一の宮の枚岡神社だ。旧枚岡市の名も神社から取られた。

 その先に木製の二の鳥居が建ち、西を見れば石段を降りたすぐ先に近鉄枚岡駅。駅から上がれば、「元春日平岡大社」と深く刻まれた石柱が参詣者を迎える。「嘉永六年」とあるから、幕末の1853年の建立だ。駅を降りる参詣者を迎えるために建立されたわけではなく、参道を電車が横切っているのだ。

 本殿へと進む石畳の参道は広く、森閑として、貫録と格式が悠揚と迫ってくる。生駒の山麓(さんろく)にあるため、参道はけっこう上り坂になっていて、登り切った所に参道広場が広がる。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです