メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8月県内求人倍率 0.97倍 5年半ぶりに1倍割る /和歌山

 和歌山労働局は2日、8月の県内有効求人倍率(季節調整値)は0・97倍となり、前月から0・03ポイント下落したと発表した。1倍を割ったのは、2015年2月以来5年半ぶり。

 新型コロナウイルスの影響で、企業が求人数を抑えたことなどが理由といい、同労働局の池田真澄局長は「求職が求人を上回り、雇用情勢に厳しさがみられる」と話した。

 求人倍率は、仕事を探している求職者1人当たりに何件の求人があるかを示す指標。求人数は前月比2・0%増の1万4574人となったが、求職者数は同4・6%増の1万5007人と上回った。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです