メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震想定し代替指揮所 かつらぎ署が設置訓練 /和歌山

通信訓練をするかつらぎ署員=かつらぎ町中飯降の県立紀北青少年の家で2020年9月29日午前10時30分、藤原弘撮影

 かつらぎ署は9月29日、かつらぎ町中飯降の県立紀北青少年の家に代替指揮所を設置する訓練を実施した。地震で警察署が使えなくなることを想定した。

 署員ら約40人が参加し、同署から約2キロ離れた青少年の家まで資材を運んだ。

 大研修室に設けた代替指揮所では、被害情報を収集し、県警本部に無線で伝達した。

 青少年の家のグラウンドではチェーンソー…

この記事は有料記事です。

残り45文字(全文213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです