メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「悪事は働かぬが大の放蕩者で…

[PR]

 「悪事は働かぬが大の放蕩(ほうとう)者で、やたらと人をそしる。人から借りた書物を返したことがなく、無くしてしまうことも」。これは江戸幕府の奥医師だった多紀元簡(たきもとやす)の人物評という(氏家幹人(うじいえ・みきと)著「江戸の病」)▲この記述、寛政の改革で知られる老中、松平定信(まつだいらさだのぶ)のために近臣が隠密(おんみつ)を使って収集した風聞集「よしの冊子(ぞうし)」にある。幕府の役人らの評判や行状を記したこの冊子だが、医師で古医学に詳しい元簡のような人物も調査対象だったのだ▲元簡は後に奥医師を罷免されるが、先の風評と関係があるかどうかは分からない。さてこちらも官房長官時代に幹部官僚の行状に詳しいところを見せた菅義偉(すが・よしひで)首相である。もしやその手元には学者の「よしの冊子」もあるのだろうか▲各国の科学アカデミーにあたる日本学術会議の会員人事での、菅首相の前代未聞の任命拒否である。会議からの推薦候補はすべて任命するという従来の政府方針を翻し、6人を任命しなかったのだ。しかも理由は説明しようとしない▲6人は安保法制などで政府に批判的な学者たちだといわれる。もしもそれが理由なら、日本の学術を代表する機関への政治介入と非難されて当然だ。学問の自由に政治権力が手を突っ込む愚は、今日と将来の国民すべてを危うくする▲学界に縁のない首相が100人以上の候補から6人をどう選んだのか。理由の説明を拒むほど、その「よしの冊子」への想像がふくらむ。コロナ禍でただでさえ気鬱(きうつ)な世相を、これ以上暗くしないでほしい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです