特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

土記

学術が守る価値=青野由利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <do-ki>

 私が初めて日本学術会議を取材したのはもう30年も前のことだ。こういってはなんだが、勧告や声明文を出すのに、細かい「てにをは」にこだわる、ぱっとしない組織という印象だった。

 アカデミアの立場から社会の要請に応えるには、もっと機動力が必要では? そんな歯がゆさも感じたことがある。

 しかし、だからといって、存在意義を疑ったことはない。もどかしさはあっても、みんなが自分の主義信条に基づいて、日本の学術のために言いたいことを言う。そんな安心感があったと思う。

 3年半前、防衛省の研究公募をきっかけに「軍事研究と学術」のあり方が議論された時にも、賛否両論が展開された。会議の正念場ともいえるテーマで、結論は軍事研究に否定的だったが、賛成者の言論が封じられたわけではない。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文988文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集