連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

「ラニーニャ」どんな現象? ペルー沖の水温低下、日本は厳冬の恐れ=回答・黒川晋史

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁のホームページを基に作成
気象庁のホームページを基に作成

 なるほドリ 「ラニーニャ現象(げんしょう)が発生したとみられる」との記事を見たよ。どんな現象?

 記者 太平洋の東側にある南米ペルー沖の海面水温が平年より低くなり、その状態が1年ほど続く現象です。ペルー沖をはじめ太平洋の熱帯域では普段から東風(貿易風(ぼうえきふう))が吹いていますが、この東風が通常より強くなると、太陽に温められた海面付近の温かい水がより多く西側に流れます。すると、深い所にある冷たい水が上がってきて海面水温が下がるのです。一方、西側のインドネシア近海では温かい水が普段より蓄積するため、積乱雲(せきらんうん)が盛んに発生します。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文785文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集