メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証障害、根本原因は不明 売買再開 再発は?損失補償は?

システム障害による終日売買停止から一夜明け、取引が再開された東京証券取引所のボード=東京都中央区で2020年10月2日午前9時16分、宮武祐希撮影

 過去最大規模のシステム障害を起こした東京証券取引所は2日、通常通りの売買を再開した。過去にもシステム障害を繰り返してきた東証だが、全銘柄の売買を終日停止するという前例のない事態に、市場関係者の信頼は失墜した。再発はないのか。投資家への損失補償は行われるのか。疑問点をまとめた。

「重大な過失」焦点

 東証によると、障害はシステム運用に必要な情報を記録する「共有記録装置(メモリー)」の故障が発端だった。2機のうち、一方に異常がある場合は、もう一方に自動的に切り替わるはずだったが、何らかの要因で切り替えができなかった。

 東証を傘下に置く日本取引所グループ(JPX)の横山隆介常務は1日の記者会見で「売買に影響がないような体制をしき、このような事象が起きないようにしていきたい」と話したが、なぜ切り替えが起きなかったか、現時点で原因は判明していない。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです