メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

赤ちゃん救う「母乳バンク」

ドナーから届いた母乳は、専用スペースで低温殺菌などの処理をする=東京都中央区で

 小さく生まれた赤ちゃんの病気を予防するため、ボランティアから寄せられた母乳「ドナーミルク」を提供する「母乳バンク」の活動が、少しずつ広がっている。小児科医の水野克己・昭和大教授が7年前に始めた取り組みだったが、9月に東京都内で2カ所目の拠点が開設された。さまざまな事情で母乳をあげられない母親と赤ちゃんを支える仕組みとは。

 ●未熟児の病気予防

 「3リットルのオーダーが入りました。在庫はある?」

 9月中旬、水野医師のもとに、ある医療機関からドナーミルクの提供依頼メールが届いた。すぐに、母乳バンクで母乳の処理作業をしている助産師の妻紀子さんに電話し、在庫状況を確認した。現在の提供先は小児専門病院など国内22カ所で、依頼の連絡が次々とやってくる。冷凍で届けられた母乳は、冷蔵庫で時間をかけて解凍する。専用のボトルに入れて低温殺菌した後、細菌検査などを経て提供先の医療機関に送る。

 妊娠の経過が順調であれば、妊娠40週前後で出産を迎える。赤ちゃんの出生時の体重は平均約3000グラム。ただ、出産が早まり、1500グラム未満で生まれる赤ちゃんは年間約7000人に上る。特に妊娠25週未満で生まれた場合、体の器官が十分に発達していないため、感染症などの病気にかかるリスクが高い。

 例えば、腸の一部の細胞が死んでしまう「壊死(えし)性腸炎」を起こしやすい。水野医師によると、妊娠25週未満で生まれた赤ちゃんが壊死性腸炎を発症すると、死亡率は3~4割に上るという。ほかにも失明する可能性がある未熟児網膜症や慢性肺疾患などのリスクもある。母乳には腸の負担を減らし、成長を促す成分が含まれ、壊死性腸炎にかかるリスクを3分の1程度に減らすことが見込めるという。生後なるべく早く母乳を与えることが予防につながるとみられている。

 ●需要は年間5000人

 しかし…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです