トランプ氏「呼吸に障害」と大統領顧問 報道官は「気力に満ちている」 コロナで入院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領(74)は2日午後(日本時間3日午前)、首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院に入院した。ホワイトハウスのマケナニー報道官は声明で「大統領は気力に満ちているが、軽度の症状がある」と明かしたうえで、「今後2~3日は病院のオフィスから執務を行う」と職務遂行が可能であることを強調した。米メディアによると、トランプ氏には微熱やせきの症状があるという。11月3日の大統領選が1カ月後に迫る中、現職大統領が入院する異例の事態となっている。

 トランプ氏はホワイトハウスの庭に駐機していた大統領専用ヘリコプターに乗り込む際、黒いマスクにスーツ姿で現れ、歩いてヘリまで移動。自力で歩ける健在ぶりをアピールした。病院到着とほぼ同時にホワイトハウスはトランプ氏のビデオメッセージを公開。この中でトランプ氏は「多大な支援に感謝したい。これから病院に行く。体調はよいと考えているが、治療がうまくいくよう大事を取りたい」と語った。仮に病状が悪化し、麻酔な…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文947文字)

あわせて読みたい

ニュース特集