メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夜のパン屋さん」で困窮者支援 「ビッグイシュー」が開店 食品ロスも削減 東京

ビッグイシュー日本が出店した「夜のパン屋さん」=東京都新宿区矢来町で

 ホームレス状態の人々に雑誌を路上販売してもらい生活再建の支援をしている「ビッグイシュー日本」が、東京都新宿区・神楽坂に「夜のパン屋さん」を開いた。都内の人気店から売れ残りそうになったパンを安く仕入れ、夜間に一般販売する。生活困窮者に「すぐにできる仕事」を確保するとともに、食品の廃棄量を減らしていこうとする初の試みだ。【奥村隆】

 プレオープンの10月1日は「食品ロス削減推進法」の施行日。地下鉄東西線・神楽坂駅前の書店兼カフェ「かもめブックス」の軒下の“店”には、販売予定時間の30分前には長い行列ができた。時間を繰り上げ販売を始めると、パンを詰め合わせた1400円や750円の袋が次々に売れ、わずか1時間で完売、販売員から拍手がわき上がった。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです