メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発潜水士を知っていますか? イラストで語る「被ばく労働」への思い

東京電力福島第1原発3号機での潜水作業の様子を撮影した写真=2006年5月(岡崎さん提供)

 アトミックダイバー(原子力発電所内潜水士)を知っていますか――。潜水士として33年の経歴がある岡崎久さん(58)=愛媛県西予市=はかつて原発に潜って被ばく労働に従事した。2011年3月に事故が起きた東京電力福島第1原発にも、事故前に入ったことがある。あの事故から10年となるのを前に、「原発を動かすために潜水士が危険な作業に当たっていることを知ってほしい」と話している。

 岡崎さんは高校卒業後、陸上自衛隊に入隊。4年で除隊し、潜水士免許を取得した。以来、主に個人事業主として潜水の仕事を請け負い、石油パイプラインの敷設や消波ブロックの設置、阪神大震災で壊れた岸壁の復旧など国内外でさまざまな作業に携わった。潜水記録はイラストを付けて残しており、その数は3670枚に上る。

 「原発内の仕事がある。やってみないか」。06年に知り合いの潜水士にそう誘われ、原発で働くことに。原発内部で被ばくを伴う作業をするのは初めてだったが、「何でも経験してみようと思ったので、恐怖心はなかった」と振り返る。日当は…

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  2. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「経済的にしんどかった」 40万円着服容疑で津市職員を告訴 三重

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです