メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今、皇室に思うこと

カリスマとセレブ両立求める平成スタイルは限界 東洋大研究助手の鈴木洋仁さん

NPO法人の関係者から、新型コロナウイルス禍が子どもの貧困に与える影響などについて説明を受けられる天皇、皇后両陛下=東京都港区の赤坂御所で2020年7月21日午後(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下が、新型コロナウイルスの影響について多方面の専門家から説明を受けられている写真や映像が宮内庁を通じて公表されている。国民の前に姿を見せることが難しい中で、天皇陛下が「国民と苦楽をともにする」と考えている姿を伝えようとしているのだろう。限られた条件の中でできることをやろうという姿勢を感じるし、生活困窮者や子供の貧困といった分野の専門家を招いているのも現代的と言える。

この記事は有料記事です。

残り1935文字(全文2127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです