特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ジェイプロジェクトが本大会進出 今季限りで休部の永和商事ウイング敗退 都市対抗東海2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【永和商事ウイング-西濃運輸】十回途中まで1失点と好投した永和商事ウイングの先発・小川穂高=愛知県の岡崎市民球場で2020年10月3日午後0時46分、森野俊撮影
【永和商事ウイング-西濃運輸】十回途中まで1失点と好投した永和商事ウイングの先発・小川穂高=愛知県の岡崎市民球場で2020年10月3日午後0時46分、森野俊撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は3日、愛知県の岡崎市民球場で第5代表決定戦があり、ジェイプロジェクトが3―2で三菱自動車岡崎に逆転サヨナラ勝ちし、8年ぶり2回目の本大会出場を決めた。チームの本大会出場に貢献した選手に贈られる「優秀選手賞」には、2失点完投の白崎塁が輝いた。

 第6代表決定トーナメント3回戦は西濃運輸が延長十六回、永和商事ウイングに4―3で逆転サヨナラ勝ちし、4日の代表決定戦に進んだ。今季限りで休部する永和商事ウイングは予選敗退が決まった。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文620文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい