特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

「強くたたく」したたかな打撃 三菱広島新人・古川が同点打 都市対抗中国2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JFE西日本-三菱重工広島】三回裏三菱重工広島2死一、二塁、古川卓人が同点の中前打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月3日午前10時56分、安田光高撮影
【JFE西日本-三菱重工広島】三回裏三菱重工広島2死一、二塁、古川卓人が同点の中前打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月3日午前10時56分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は3日、東広島市の東広島アクアスタジアムで決勝トーナメント1回戦を行った。今季限りで再編される三菱重工広島は、前回本大会8強のJFE西日本を終盤に突き放して10―2で破り、4日の第1代表決定戦に進んだ。JFE西日本は4日の敗者復活1回戦に回る。

 詰まった当たりで安打になるのが「理想の打撃」という。その理由は「相手投手が嫌な気持ちになるから」。2安打2打点と活躍した三菱重工広島の古川卓人は、新人離れしたしたたかさを持つ右の好打者だ。

 その打撃を見せたのは1点を追う三回2死一、二塁。マウンドにはJF…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文882文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい