特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱自倉敷オーシャンズと三菱重工広島 「三菱」対決制するのは 都市対抗・中国第1代表決定戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR西日本-三菱自動車倉敷オーシャンズ】七回裏三菱自動車倉敷オーシャンズ2死二塁、空振り三振に終わり悔しがる田島一志=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月3日午後3時47分、安田光高撮影
【JR西日本-三菱自動車倉敷オーシャンズ】七回裏三菱自動車倉敷オーシャンズ2死二塁、空振り三振に終わり悔しがる田島一志=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月3日午後3時47分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は4日、東広島市の東広島アクアスタジアムで第1代表決定戦があり、三菱自動車倉敷オーシャンズと三菱重工広島の「三菱」同士が対戦する。16年ぶりの本大会を目指す三菱自動車倉敷オーシャンズと、今季限りで再編される三菱重工広島。両チームには本大会出場へ並々ならぬ思いを持つベテランがいる。

 三菱自動車倉敷オーシャンズの4番を務める10年目の田島一志は「三度目の正直」と力を込める。福岡・北九州市立高出の新人だった2011年と前回代表決定戦に進んだ13年、ともに第1代表決定戦から2連敗し出場を逃す苦い経験をした。その後、4番を担うようになったが、16年は燃費不正問題から都市対抗予選を辞退する憂き目に遭った。「あの影響でやめた選手もいる。見返したい。続けて良かったと思いたい」と熱く語る。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文807文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る