新型コロナ 飲食店員にPCR 国分町など、接待伴う420店 仙台市 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国分町の接待を伴う飲食店の従業員に実施するPCR検査場で検体採取の実演をする市職員(左奥)=仙台市で2020年10月3日、和田大典撮影
国分町の接待を伴う飲食店の従業員に実施するPCR検査場で検体採取の実演をする市職員(左奥)=仙台市で2020年10月3日、和田大典撮影

 仙台市は3日、東北最大の歓楽街・国分町や一番町の接待を伴う飲食店約420店舗の従業員を対象に、無料のPCR検査を始めた。

 市内の飲食店で7月以降、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が相次いで発生していることから、感染拡大の防止と感染状況の顕在化を目的として実施。検査は無症状の人が対象で、…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集